太陽光発電 -Solar power-

 自分で創るが当たり前になる時代は、
 すぐそこまで来ています
メイクスイメージ
施工実績
トラスト
キャスト
エクステリア
太陽光発電システム
エコが意識され始めた現代社会。
太陽光発電システムは、昔から存在はしていたましたが、
その頃の発電システムは、まだまだ発電量も少なく家計への恩恵を受けるには導入コストを考えると
太陽光パネル設置を考えるお客様が多かったのではないでしょうか。
ですが、技術発展が加速する日本。
太陽光発電システムは、遥かに進化しており、発電量や耐久性が上がり、
エコが目視化できるシステムが普及を始めています。
さらに、国や県の支援等で助成金を出してもらえたり。
電力会社に売電をして電気を買ってもらえたりとメリットがたくさんあります。
太陽光発電のメリット

昼間、使う電力を太陽光で発電して室内の照明、
エアコン、 洗濯機や掃除機を使うことにより電気代を
抑えることができます。

さらに、オール電化にすることで、なんと約93%の光熱費を節約できます。
これによりご家族皆様の省エネ意識を高めることが
できます。

比例
太陽光発電のしくみ
太陽光発電しくみ
 1.太陽光発電地モジュール

  太陽光のエネルギーを電気エネルギー
  へ変換します。

 2.接続箱

  ソーラーパネルの配線を1つにまとめ
  パワーコンディショナへ供給します。

 3.パワーコンディショナ

  ソーラーパネルから送られてきた
  直流電力を、交流電力に変換します。

余った電力は、自動で売電

昼間に発電して余った電気は、電力会社へ
に売却されます。

普段どおりの生活をしているだけで自動で
売却されるので、難しい操作などは、
必要ありません。

売却された電力は、毎月1度指定口座へ
電力会社から振り込まれます。

グラフ
余剰電力買取制度・全量買取制度                                           

余剰電力買取制度は、太陽光発電システムを自宅に設置した人は、
発電して余った電力を電力会社が買い取ってくれる制度です。

平成28年度 売電での買取価格は、1kwh31円に決定。

ですので、10年間 31円固定で、余った電力を、売電できます。
この先、10年間の間で売電単価が下がったとしても31円で売り続けることができるのです。

全量買取制度は、太陽光発電で発電したすべての電気を売電できます。
消費した電気については、通常どおりに料金を支払うことになります。
こちらの制度は、パネル数を増やしシステム自体の容量を大きくされた、
お客様が制度を利用するパターンが増えています。

太陽光発電システム補助金制度

太陽光発電システムの設置時に国や地方自治体から
設置補助金が支給されます。
これで電気料金だけでなく、初期費用も
抑えることができます。


補助金
[住宅用太陽光発導入のための補助金制度]
地球温暖化の進行により環境問題が深刻化し、その原因となる二酸化炭素の排出をできるだけ抑える
「低炭素社会」への転換が急がれています。

また国内のエネルギー自給率を高める意味でも、再生可能エネルギーが注目を集めています。
太陽光発電は二酸化炭素や有害な排気ガスを発生させないクリーンなエネルギーであり、
一般家庭でも導入できることから、個人が自らの意思で進められる環境保全への取り組みとして、低炭素社会への転換を進める有力な手段となっています。

この補助金は、低炭素社会づくりに貢献する太陽光発電の普及を推進するため、
住宅用太陽光発電システムを設置する方を対象とした制度です。
住宅用太陽光発電システムの価格低下を促しつつ市場の拡大を図ることを目的にしています。

[補助金制度の概要]
太陽光発電導入量の飛躍的な拡大のために、国は一般住宅への太陽光発電システム設置を支援いたします。
「住宅用太陽光発電導入支援復興対策事業」および「住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業」は、
経済産業省が定めた住宅用太陽光発電導入支援復興対策基金造成事業費補助金交付要綱に基づく
補助事業者として、一般社団法人太陽光発電協会/太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)
が募集を行うものです。

補助金の申込・申請の受付から交付までの業務を、一般社団法人太陽光発電協会 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が行っています。 詳しくは→J-PECホームページ

[国の補助金制]
太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり20,000円※、または15,000円
「※1kW当たりの補助対象経費により、補助金の単価が2段階の設定となります。

1kW当たりの補助対象経費(税別)は、 補助対象経費(税別)÷ 設置する太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値で算出します。
※太陽電池モジュールを10kW以上設置の場合でも9.99kWで算出してください。

1kW当たりの補助対象経費(税別) 1kW当たりの補助金単価
2万円を超えて 41万円以下(1) 2万円
41万円を超えて 50万円以下 (2) 1.5万円


補助金額は太陽電池モジュールの公称最大出力の合計値で算出し、上限を9.99kWとします。
例えば、太陽電池の公称最大出力が4.6kW、パワーコンディショナの定格が5.00kWのシステムの場合、
20,000円/kW×4.6kW=92,000円、または15,000円/kW×4.6kW=69,000円となります。
また、 太陽電池の公称最大出力が10.12kW、パワーコンディショナの定格が8.00kWのシステムの場合、
20,000円/kW×9.99kW=199,800円、または15,000円/kW×9.99kW=149,850円となります。
詳しくは、平成25年度 補助金制度をご覧ください。


Copyright (c)2013 Makes Co.,Ltd. ALL Rights Reserved.